IMG_0635

くまができるプロセスを理解しないと、適切な対処はできません

目の下のくまは、見た目の印象を一気に何歳も老け込ませてしまう嫌なものです。寝不足や疲労がたまるとできやすい「くま」ですが、じつはこのくまにもいくつか種類があるのです。

くまを消すためにはくまの種類ごとの対処法を知る事が大切。しっかりケアしてフケ顔にサヨナラしましょう。

実は違う、3タイプのくま

青ぐま

青ぐまは目の周りの流血が滞って皮膚が青く見えることで起こります。その主な原因は血行不良です。

(チェック法)引っぱると薄くなりますが完全には消えません。

黒ぐま

むくみやたるみによってできるのが黒ぐまです。黒ぐまに悩まされる方が一番多いのですが、この原因は老化現象によるものなので、アンチエイジングが必要になります。

(チェック法)上を向くと薄くなります。

茶ぐま

シミやくすみによってできるくまです。目を擦ったり、目の回りに湿疹ができやすい人は、色素沈着が起こりやすくなるので茶ぐまが出来やすくなります。

(チェック法)引っ張っても上を向いても変わりません。

これらタイプの違う3種のくまですが、基本的に加齢とともに目立ちやすくなる傾向にあります。

目の周りはとても柔らかい脂肪で覆われており、それをまぶたが支える構造になっています。目の周りの皮膚はとても薄く、メラニンの生成を司るメラノサイトの活動も盛んなので、色素沈着を起こしやすいのです。

まとめ:くまにも種類がある。まずは確認しよう。


関連記事


敏感肌向けの化粧品ランキング