HNCK7829

ここだけは押さえよう!美白化粧品の選び方

ざまざまな種類・成分がある美白化粧品ですが、選び方によっては効果がないばかりか、肌に合わずに悪化してしまう場合も。

まずは大まかな美白化粧品の選び方を理解しておきましょう。

医薬部外品かどうか

美白化粧品には、何らかの肌への効果があると厚生労働省が認可した成分を配合している「医薬部外品」と、そうでないものがあります。医薬部外品は効果が認められている成分を含んではいますが、決して薬ではありません。

しかし成分的には医薬部外品から選んだ方が良い場合が多いのです。

自分の肌に合うか、必ず確かめる。

美白成分の種類は様々で、効くプロセスや肌への負担も千差万別です。一番いいのは自分の肌にあった美白成分をつかうことですので、まずはモニター利用やお試し商品などで試すのが一番です。

どんなに人気があって効果が高い製品でも、人によっては刺激が合わずに、かゆくなったり炎症を起こしたりする事もあります。それを防ぐ為には、自分の肌で試しながら選ぶしか無いのです。

美容皮膚科でよく使われるのを選ぶ手もある

炎症をおこしやすい、かぶれやすいという方は、美容皮膚科で使われている成分を選ぶのも一つの手です。美容皮膚科では比較的炎症を起こしづらい低刺激の成分を選ぶ事が多いためです。

よく使われる成分としては、ビタミンC誘導体カモミラETなどの抗炎症効果のあるものがあげられます。これらは低刺激でかぶれにくく、アンチエイジング効果も期待できます。

まとめ:美白化粧品は医薬部外品のビタミンC誘導体やカモミラETを含んだものがオススメ。


関連記事


敏感肌向けの化粧品ランキング