HNCK5350-1

美白化粧品を買う前にチェック!美白成分の種類を覚えよう

美白成分には、実に様々な種類があります。その中で厚生労働省が認めている(医薬部外品)成分を紹介します。

ビタミンC誘導体

リン酸型やAPPSなどビタミンCを肌に吸収しやすいように変化させたもの。抗酸化作用があり、アンチエイジングや炎症を抑える効果もあります。

アルブチン

もともとは苔桃から抽出された成分で、濃度が高すぎると刺激になる場合があります。

コウジ酸

みそ、醤油などでおなじみの麹菌が由来の美白成分

エラグ酸

いちご由来の成分。

ルシノール

もみの木に含まれる成分をモデルとして作られた成分。正式には「4-n-ブチルレゾルシノール」と呼ぶ。

リノール酸

サフラワー油などの植物油から抽出される。

カモミラET

カモミール(ハーブ)に含まれている成分。抗炎症作用もあります。

トラネキサム酸

もとは抗炎症剤として使われていた成分を美白成分として再開発したもの。

4MSK

ターンオーバーの乱れを正常化させる事を主眼に開発された成分

マグノリグナン

植物に含まれる天然化合物を参考にして作られた成分。

プラセンタエキス

豚の胎盤から抽出された成分。


関連記事


敏感肌向けの化粧品ランキング