HNCK2197

線維芽細胞をケアして、肌のハリや弾力を維持しよう

あまり聞き慣れない線維芽細胞は真皮の基底部分にあり、新しい真皮を生み出す重要な役割を担っています。

真皮の約70%はコラーゲンと呼ばれる繊維でできていますが、このコラーゲン同士をつないでいるのがエラスチンと呼ばれる繊維です。

そしてコラーゲンとエラスチン2つの繊維で作られた真皮の隙間を埋めているのかヒアルロン酸などのゼリー状の物質です。

これら真皮を形づくっているコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などは線維芽細胞によって生み出されています。

繊維芽細胞の働きが弱まるとシワやたるみの原因になる

線維芽細胞がコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などを活発に生み出す10代の頃は、誰しも張りのある肌を保っています。

しかし年齢とともに線維芽細胞が減ったり働きが弱まったりすると、肌のハリや弾力が徐々に無くなっていきます。

肌のハリを保つためには線維芽細胞の持つコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などを生み出す能力を低下させないことが大切なのです。

また、紫外線を浴びすぎたり老化の原因となる活性酸素が体内に溜まると、コラーゲンやエラスチンが変性し肌の老化が進んでしまいます。お肌のハリや弾力を保つためには日々の紫外線対策が欠かせません。

さらに、線維芽細胞を元気にする美容成分をたっぷり含んだアンチエイジング化粧品を使うなどして、お肌のケアを行うことが大切です。

どうしても紫外線を浴びたり加齢によって減少してしまう繊維芽細胞ですが、それを補うためにエイジング化粧品でしっかりとお肌に潤いを与えましょう。

まとめ:繊維芽細胞をケアする為に、美容成分を含んだ基礎化粧品を使おう


関連記事


敏感肌向けの化粧品ランキング