3629444256_0838a13048_o

シミ・ソバカスのない美肌を作るための3つのポイント

美白化粧品を使っても効果を実感できない、こんな悩みがありませんか。美白化粧品にはメラニンの生成を抑制してシミやそばかすを防ぐ働きがありますが、これだけでは不十分です。

シミやそばかすを防いで白く透明な肌になるには、美白化粧品以外にどんなことをしたらいいのでしょうか。

保湿

782_450_ana

美白化粧品を使っても効果を実感できないときは、肌が乾燥したり敏感になっている可能性があります。
乾燥したり敏感になっている肌は、外部刺激から守るバリア機能が低下しています。バリア機能が低下した肌は紫外線の影響を受けやすくなったり、外部の刺激で常に炎症を起こしていてメラニンが生成されています。そのため、美白化粧品では対処が追い付かないのです。

保湿をすることで肌のバリア機能は回復します。バリア機能が働くことで紫外線に負けにくく、炎症も起こりにくくなり、美白化粧品の効果が発揮されやすくなります。

肌のバリア機能がとても優れた基礎化粧品も販売されています。敏感肌や肌が荒れやすい人は、ディセンシアのアヤナスなど、バリア機能に優れた基礎化粧品を使うと良いでしょう。

内側からケア

HNCK2224

食べ物で内側からもケアします。シミを防いでくれるのが抗酸化成分です。ビタミンCはメラニンの生成を抑制したり、できてしまったシミを薄くする働きがある成分です。

柑橘類、イチゴ、パセリ、赤パプリカなどに多く含まれています。一度にたくさん摂っても排泄されてしまうので、こまめに摂取しましょう。

ビタミンEにも高い抗酸化作用があります。ビタミンCと一緒に摂ると効果的です。アボカド、ナッツ、オリーブオイル、かぼちゃなどに多く含まれています。

リコピンはトマトやスイカ、ピンクグレープフルーツなどに含まれているポリフェノールです。トマトは夏の強い紫外線を浴びて育ちますよね。紫外線から自らを守るために作るのがポリフェノールです。朝にリコピンを摂っておくと、日中の紫外線から守ってくれます。

お酒好きの方であれば、ポリフェノールをたっぷり含んだ赤ワインがおすすめです。

紫外線対策

HNCK7829

日焼け止めを塗って紫外線対策をしていると思いますが、使用量が少なくて効果を得られていないことがあります。たっぷりと使用することで紫外線をカットしてくれます。ローションは1円玉2枚分、クリームはパール粒2粒分が使用目安量です。

これらの基本的なポイントをしっかり押さえることで、メラニンの沈着を防ぎ、シミ・ソバカスのない美肌に近づくことができます。


関連記事


敏感肌向けの化粧品ランキング